【2022年発売のラノベ】「あした、裸足でこい。」の感想・作品紹介

ラノベ

純愛系のラブコメラノベをお探しではないでしょうか?

そんな方に向けて、今回は「あした、裸足でこい。」という作品を紹介したいと思います。

「あした、裸足でこい。」は元カノが失踪するという未来を変えるために、主人公が過去に戻って奮闘するお話。

感想なども踏まえて、どんな作品なのかわかりやすく紹介しています。

是非、最後までご覧になってください。

「あした、裸足でこい。」の作品概要

あした、裸足でこい。1巻表紙
©︎岬鷺宮/Hiten/KADOKAWA

作品情報

2022年9月9日発売。

「僕の主人公と二人のこれから」「三角の距離は限りないゼロ」に続く岬鷺宮・Hitenタッグの三作目の作品。

こんな方におすすめ

・純愛系のラブコメラノベが好き
・過去に戻ったりするラノベが好き

読みやすさ

読みやすさ理由
・ページ数が少し少ない
・難しい言葉があまりなかった
・1ページあたりの平均的な文字数が少ない

◎=非常に読みやすい
○=読みやすい
✖️=読みにくい

あらすじ

冴えない過去を書き換えて、君の隣でもう一度。

【『三角の距離は限りないゼロ』タッグが贈る、青春×タイムリープストーリー!】

「一緒にいてよ、今度は」

 卒業式、俺は冴えない高校生活を思い返していた。成績は微妙、夢は諦め、恋人とは自然消 滅。しかも彼女は今や国民的ミュージシャン。すっかり別世界の住人になってしまっていた。

だがその日。
その元カノ・二斗千華(にとちか)が失踪した。

 呆然とする俺は……気づけば入学式の日、過去の世界にタイムリープしていた。  
この世界でなら、二斗を助けられる?  

……いや、それだけじゃ駄目なんだ。  
今度こそ対等な関係になれるように。彼女と並んでいられるように。
 俺自身の三年間すら全力で書き換える!  

卒業(おわり)から始まる、青春やり直しラブストーリー。

KADOKAWA公式サイトより引用

用語紹介

天文同好会

天体観測などの活動を行なっている、主人公が通う高校の同好会。

過去改変前の世界では、主人公が1年生の時に廃部になっている。

ヒロインの失踪のきっかけが天文同好会の廃部だったことから、過去の世界に戻った主人公は天文同好会の存続させるために奮闘することとなる。

登場人物紹介

©︎岬鷺宮/Hiten/KADOKAWA

坂本 巡(さかもと めぐり)(男)

本作の主人公。

顔も性格も能力も普通で、ややオタク気質。

夢は天文学者になること。

天文同好会の部室にあるピアノで、あるメロディを弾くことで過去と現在を行き来することができる。

失踪した元カノを救うために、過去を改変する。

二斗 千華(にと ちか)(女)

巡の元カノ。

美人で頭がいい。

「nito」という名で国民的ミュージシャンとして活動している。

ある日、遺書を残して失踪してしまう。

芥川 真琴(あくたがわ まこと)(女)

巡の後輩。

よく巡の相談を聞いてくれている。

巡以外で、唯一過去が改変される前の世界のことを覚えている人物。

五十嵐 萌寧(いがらし もね)(女)

二斗の幼なじみで親友。

ストーカー気質なとこがある。

二斗に対しての強い独占欲を持っている。

六曜 春樹(ろくよう はるき)(男)

巡の先輩。

陽キャグループの中心人物で、スポーツ万能頭脳明晰。

硬派な男気キャラ。

「あした、裸足でこい。」を読んで見ての感想

巡が二斗に対して一途過ぎる。

巡は「二斗のためなら、どんな苦痛も苦労も耐えることができる」なんて思ってるシーンもあったりして、一途で本当にかっこいいんですよね。

そうして、様々な苦痛や苦労を乗り越えながら徐々に状況を好転させていくんです。

そんな巡の姿を見て「自分も頑張ろう」と思わされます。

タイムリープ系の作品では過去に戻ったきりといった作品が多いですが、「あした、裸足でこい。」は巡が自分の意思で過去と現在を自由に行き来できるという設定が新鮮でした。

そんな設定を見事に活かしてタイムリープものとしては、斬新でとても面白い作品に仕上がってます。

岬先生の発想力には驚かされるばかり。

これからどんな展開を迎えるのか気になる終わり方だったので、次巻の発売が待ち遠しいです。

書籍

電子書籍

created by Rinker
¥704 (2024/04/24 19:17:09時点 楽天市場調べ-詳細)

まとめ

「あした、裸足でこい。」は王道な純愛ラブコメ系のラノベが好きな方にもってこいの作品。

今回の記事を読んで少しでも気になった方は、是非読んで見てください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました