「砂の上の1DK」の作品紹介・感想

ラノベ

「砂の上の1DK」は枯野瑛(かれのあきら)さんの、一人と一匹の一夏の物語を描いた作品です。

そんな「砂の上の1DK」の感想、見どころ、あらすじ、などの作品情報を紹介していきます。

是非、読むかどうかの判断材料にしてください。

「砂の上の1DK」の作品概要

「砂の上の1DK」の表紙
©︎枯野瑛・みすみ/KADOKAWA

画像出典

原作者:枯野瑛(かれのあきら)
イラスト:みすみ
出版社:KADOKAWA

作品情報

2022年9月1日に発売された、1巻完結型のライトノベル作品。

原作者「枯野瑛」は「終末何してますか?」の作者でもある。

「砂の上の1DK」のあらすじ

産業スパイの青年・江間宗史は、任務で訪れた研究施設で昔なじみの女子大生・真倉沙希未と再会する。

追懐も束の間、施設への破壊工作(サボタージユ)に巻き込まれ……

瀕死の彼女を救ったのは、秘密裏に研究されていた未知の細胞だった。

「わたし、は――なに――?」

沙希未に宿ったそれ=呼称“アルジャーノン”は、傷が癒え身体を返すまでの期限付きで、宗史と同居生活を始めるのだが――

窓外の景色にテレビの映像、机上の金魚鉢……目に入るもの全てが新鮮で眩しくて。

「悪の怪物は、消えるべきだ。君の望みは、間違っていないよ」

終わりを受け入れ、それでも人らしい日常を送る“幸せ”を望んだ、とある生命の五日間。

ザ・スニーカーWEBより引用
created by Rinker
¥748 (2024/07/17 17:52:49時点 楽天市場調べ-詳細)

「砂の上の1DK」の見どころ

宗史とアルジャーノンが共に生活していく中で、お互いがお互いの中での大切な存在になっていきます。

そんな一人と一匹の儚く尊い関係性に注目です!!

登場人物紹介

江間宗史

産業スパイを生業としている。

6年前までは正義感あふれる平凡な大学生だったが、ある出来事がきっかけで、日陰者として孤独に生きることとなった。

梧桐という産業スパイに追われることとなり、アルジャーノンと共に逃亡生活を送る。

アルジャーノン

「コル=ウアダエ17-C-B」という未知の生物。

寄生生物であり、傷口から寄生してその傷を癒すことができる。

咲希未の体に寄生したコル=ウアダエに対して、宗史がつけた名前が「アルジャーノン」。

真倉沙希未(さなくらさきみ)

宗史が家庭教師をしていた頃の教え子。

あるトラブルに巻き込まれ、大怪我をした際にアルジャーノンに寄生される。

梧桐(ごとう)

危険な産業スパイ。

宗史とは、とある因縁がある。

宗史とアルジャーノンの行方を追っている。

篠木孝太郎(しのぎこうたろう)

「おしゃべり屋」と呼ばれる人物。

宗史に様々な情報を提供している。

門崎伊桜(かどさきいお)

中学2年生の女の子。

門崎外科病院で、おばあちゃんの仕事の手伝いをしている。

大人びた雰囲気を漂わせているため、大人と勘違いされることが多い。

「砂の上の1DK」を読んでみての感想

「人間ってなんなんだろう」というような、哲学的なことを考えさせられる作品でした。

アルジャーノンは宗史と生活する中で「人らしくなりたい」と、人間に対して憧れを持つようになっていきます。

そうして、どんどん人間らしく成長していくのです。

ですが、「どんなに人間らしくなっても、自分は沙希未に寄生する害虫でしかない。人間にはなれない」そんなアルジャーノンの思いが伝わってきて、とても切なくなります。

全体的に儚い印象を与えられる作品でした。

書籍版

電子書籍版

まとめ

「砂の上の1DK」は2004年にプロットを書き起こしていた作品だそうです。

長年温められてきた作品ということで、なかなかの名作に仕上がっています。

絶対に読んで後悔することはないので、是非読んで見てください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました